元教師の日記

某県で中学校の教師していました。10数年勤めた経験から感じる教育に関してや趣味(家電、車、子育て)についてを綴っていきたいと思います。

私が教師を辞めた理由

その前に、ブログを始めてから検索してみたら「教師辞めました」という人めちゃめちゃ多い。大変でとか、病んでとかばっかりで大変な仕事なんだなとしみじみ感じました。

さて、自分のことについてです。まず断っておきたいのは悪さをしたわけではありません!つまり懲戒とかではないですよと。体調崩したわけでもないです。順風満帆でした。めちゃめちゃ楽しかったです。

 

辞めた理由はですね、たぶんまとまらないです笑

とりあえず勢いでした。他にも面白そうなものがあったから辞めました。

私の中学教師は長年の夢であり、大きな目標もありました。

そのために教育学部のある大学に行き、バイトも教育系のものをひたすらやっていました。

実際教員になってみると楽しくて毎日がワクワクしていました。もちろん大変なこともたくさんあったけど、それ以上にやりがいが半端なかったです。

しかし、辞める前の年に大きな目標を達成してしまい、心にぽっかり穴が空いたような感じになってしまいました。

そんなロス状態のときに「こんな仕事あるけどどう?」と言われて面白そうだからやってみたいと思い、辞めてしまったわけです。

ほんとに勢いでしたね。でもやらずに後悔するのは嫌いだったのでやってみて嫌になったらまた採用試験受ければいいやという気軽な感じでした。

戻りたいって言えば試験通りますよね??一度受かってるわけだし。でもとりあえず10年、違う道で頑張ります!で、戻りたくなったらまた考える。

あとは、思うんですけど教員って勉強できるとか教え方うまいとかそんなの当たり前で、そこに加えて人生の経験値って大事だと思ったんですよね。いろんな人と関わっていくわけだから、幅広い経験が必要だと感じました。

で、自分はと言うと経験値なかったですね。普通に学校行って、部活頑張って、勉強もして、特に挫折もなく、普通の人生だったと思います。海外留学して海外について詳しいとか、なんか他の人がしていない経験があると幅が広がると思います。

とまあそんなところです。

次回は私の教員生活について綴ってみる予定です。

PVアクセスランキング にほんブログ村