元教師の日記

某県で中学校の教師していました。10数年勤めた経験から感じる教育に関してや趣味(家電、車、子育て)についてを綴っていきたいと思います。

教員、夏休みまとめ取りOKになる?

 

前から少し話題になっていましたが、これは以前からやられていたような…

少なくとも私の勤務している学校では元から夏休みまとめ取りOKでしたね。

会議はほとんどないですし、研修がたまにあるくらい。私の場合は午前中8時から10時まで部活に行ってあとは自由でした。生徒指導とか入ると大変ですけどね。

そんなことより問題は普段の時に休みづらいことですよ。

 

学級担任していればクラスが心配で休めない。担任業務(学活、日記、生徒指導、給食指導等)は多岐に亘り、誰かにお願いするのは申し訳ない気持ちと、担任をしていない先生は仕事ができない先生が多い…

問題なのは教員の中で仕事をする人としない人、できる人とできない人の格差が激しいこと。

だいたい担任を持つ先生はずっと持っているし、担任を持つ先生が部活の主顧問もやっている。

例えば各クラス2人担任制を導入する。これは予算面が厳しいか。学校によってはクラス毎に副担任がいる学校がある。こういう体制は大事だと思う。副担任と言っても名ばかりで学活も行かない給食も違うところで食べると言う人もいるのでそれはダメにする。

もしくは教員の質を上げる。今、教員志望者は激減。倍率2倍を切っている都道府県も多いらしい。教師って楽しいって思わせるしかないと思う。そのためには現場の教師が生き生き働く。長い目が必要だけど、今は誰でも教師になれる時代だからこれはまずいと思う。

 

残業については難しいと思う。私は月100時間は時間外勤務していました。別に負担だと思ったことはないけど異常な数字だと思います。教員調整額という形で月に15000円くらいの手当で無限残業。好きでないとやっていけないと思います。これは管理できません。業務多忙すぎる。教員数を増やすしかないけど予算面や質の面から難しい。

 

炎上覚悟で書きたいこと書いてしまいました。遠慮なくコメントしてください。

 

ニュースは以下から

https://www.google.com/amp/s/www.sankei.com/life/amp/191204/lif1912040031-a.html

 

PVアクセスランキング にほんブログ村